ゲーマーズライフ

ゲーマーズライフ

ゲームorアプリのレビューや攻略/ライトノベルのおすすめ情報を扱う趣味特化ブログ

【小説家になろう】病的な読み専がいま読んでるおすすめタイトル5選【2019年3月版】

みなさん、こんにちは!

このページでは私がいま読んでいるなかで、特におすすめのタイトルを5選さくっと紹介していきます。

 

更新が再開した物・読み返している物・新規に発掘した物もあるので、何か面白いタイトルがあるかどうか気になる方はどうぞ。

※紹介文下のリンクより原作サイトに飛べます。

※目次より気になるタイトルに飛べます。

おすすめタイトル5選

陰の実力者になりたくて:異世界転生系 

裏からすべてを操る、陰の実力者的なポジションにあこがれたまま現代日本で亡くなり、異世界に転生してもその夢を追い求める主人公の物語。

 

物語のおおまかな流れは、主人公がでっちあげたディアボロス教団という魔神の復活をもくろむ組織が本当に存在していて、魔神の復活を阻止すべく陰に潜み戦う主人公率いるシャドウガーデンとのバトルが描かれるという感じ。

 

で、このタイトルを読んでいると中二病よろしく、主人公が普段は弱いけど実は超強いキャラだった!とか、色々なシチュエーションで『実は強い!』というキャラ設定にこだわる場面がところどころみられる。

 

それがいっけんするとくだらないんだけど、主人公が本当の姿、つまりは絶対的強者である『シャドウ』に変化する時のギャップを相まって、なんというか痺れるんですよねぇ。

 

いちいちシャドウバージョンに変化した主人公の行動や、不遜な物言いをする主人公の言動が『カッコいい』ので、 こうしたところに魅力を感じて多くに人間が読み、なろうのランキングに乗ってしまうんでしょう。

 

現在は書籍2巻まで発売されており、 どちらも表紙からしてダークで素敵な雰囲気なので、興味がある方は原作からどうぞ。

 

https://ncode.syosetu.com/n0611em/

 

窓際の天才軍師 ~左遷先で楽しようとしたら救国の英雄に祭り上げられました~:異世界転生系

前世で慣れなかった公務員のようなお気楽生活のために、左遷先で楽をしていた軍師である主人公が、あることをきっかけに表舞台に引っ張り出され活躍する物語。

 

銀河英雄伝説のヤン・ウェンリーよろしく、左遷先に攻め入った敵軍から町にすむ人間をだれ一人欠かすことなく脱出させる主人公。

 

絶望的な状況から、神様から授けられたギフト(才能)である、卓越した頭脳を活かし切り抜けたことから、誰も彼を放っておかなくなり表舞台にいやおうなく出てしまうという流れ。

 

こういう軍師系の物語は大好物なので、しっぽを振りながら話数のストックがある限りどこまで読めてしまう私が太鼓判を押すほど、このタイトルは面白い!

 

まあ主人公以外の周りが無能ばかり集まっていることや、主人公の頭脳が突出しすぎているということもあるだろうけど、それを抜きにしても思いもよらない手段の用兵術魅せてくれるので普通に読んでいて楽しいんですよね。

 

多く語りませんが書籍化もされている、この事実を加味したらもう読むしかありませんよ。

 

https://ncode.syosetu.com/n8974er/

 

盾の勇者の成り上がり:異世界転移系

アニメ化した転スラと同じく、なろうの看板作品とも言える『盾の勇者の成り上がり』をまた読み返しています。

 

ストーリーとしては、現代の日本から異世界に勇者として召喚された主人公が、あらぬ濡れ衣を着せられ人間不信になり、国から追放されたことをきっかけに凶暴な性格に変貌し成り上がっていく物語。

 

一から読んでみると、なろうでなぜこうしたタイトルが人気なのか理解ができます。最弱から少しずつ成長し装備を整え、イベントをこなし強く強くなる。

 

そうそう、読んでいるとまるで『自分がRPGをプレイ』している気分なるんですよ。

 

読み進めることによる主人公の成長=自分がプレイした結果のような錯覚になるので、自然と先に先にと読まさせられてしまうのです。それにしてもいまだに読んでも面白いと感じてしまうあたり、名作ですよ名作。

 

そういえば盾の勇者の成り上がりもアニメ化をしていますね。

 

アニメの方がが気になった方は、dアニメストアだと月額400円でなろう系作品を含む2300作品のアニメが見放題なので、気になる方はこちらで視聴してみてもいいのではないかと思います。

 

 

31日間の無料体験期間があるので、合わないと思ったら退会すればいいですしね。それにしても月額400円で2300作品ものアニメが見放題になるのは安すぎでしょ。

 

なろう系作品のアニメ化ラッシュが最近キテいますが、本領は文章の方なのでなろうの入門作品としてぜひまだの方は読んでみてください。

 

https://ncode.syosetu.com/n3009bk/

 

 

村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない:ローファンタジー系

30代の引きこもりニートの主人公がある日、どこからか突然送られてきたゲームをプレイし、そこで登場するキャラクターに感化され、現状を変えようとする物語。

 

なろうの検索窓で『ニート』と検索したら、一番上にで出てきたので読み始め一気にファンになってしまいました。

 

主人公はどこからか送られてきたゲームをプレイするんですけど、そのゲームに登場するキャラクターがまるで『本当に生きているかのように』思考し行動していきます。

 

主人公はそんな彼らを『運命の神』としてサポートします。そこから毎日を懸命に生きて、辛くても耐えて頑張って生きているゲームのキャラクターたちに影響され、主人公の現実も変わっていくんですよ。

 

読んでいた時に、ファンタジーと引きこもりをうまく融合させたなぁと、こんな面白いタイトルを産み出した作者さんの脳内に感謝しました!

 

特に主人公の引きこもりニートである現状を、自分で変えていこうとする姿勢や過程で疎遠になっていた家族との絆が戻ってくるのを読んでいて、思わず涙が出てしまう部分も多かったです。

 

https://ncode.syosetu.com/n1119fh/

 

Ash Crown ‐アッシュ・クラウン‐:戦記系

道化の王子と演じていた主人公が祖国に裏切られたことをきっかけに、自分の生きる道を探すオリジナル戦記。

 

なろうの内容紹介では、道化が冠を戴くまでの物語と書いたあったので、恐らく紆余曲折をへてどこかしらの王国の王になるまが描かれるんじゃないかと思う。

 

面白いものはないかとぐるぐるなろうのサイト内を漁っていたら、なろうにあるまじき短いタイトルでしかも内容が硬派な戦記系と聞いて、さっそく読んでみたらガチでハマってしまった。

 

一言でいうなら『アルスラーン戦記』のアルスラーンを、より優秀にしたような主人公がその特筆した能力や才覚により、周囲から一目おかれ徐々に時代を動かしていく様子がまさに戦記系が好きな人ならガチはまりする部分。

アルスラーン戦記は小説版こそが深みがあり面白いですが、漫画もいまさらだけど読んでみると面白いですね! おっと、話が飛んだ。

 

なろうの作品はどれも面白いのがたくさんあるけど、こと『アッシュクラウン』にいたっては素晴らしく人気が出そうな雰囲気が個人的にぷんぷんするので、戦記が好きな人はぜひ読むべし!

 

え、異世界じゃなくて……ロシア……ですか?

 

ガッツリ読みたい方はKindle Unlimitedがおすすめ

Kindle Unlimitedなら30日間無料体験ができて読み放題対象作品が読み放題になります。

 

ガッツリとなろう作品やライトノベル、漫画などを読みたい方はこちらがトータルで考えるとお得です。

 

定期的に読み放題対象作品が変更になるデメリットはありますが、気になった作品があった時にその場で落としておく癖を付けておけば、失敗することはないと思います。

 

また30日間無料で読み放題を体験できるので、継続してサービスを利用したいならそのあと月額980円の低価格で読めますし普通に買うよりお得なんですよね。

 

合わないと思ったら無料体験期間中に退会すればお金は発生しませんので、Kindleをお持ちの方で興味がある方はどうぞ。

 

Kindle Unlimitedを無料体験してみる

 

Audible(オーディブル)でもなろう系作品が楽しめる

小説家になろう系の作品やほかのライトノベルなどに興味がある方は、Audible(オーディブル)という耳で本を聴くサービスでも楽しむことができます。

 

気になるオーディブルで聴けるなろう系やライトノベルを調べてみると…

 

  • このすばらしい世界に祝福を
  • 盾の勇者の成り上がり
  • 無職転生~異世界行ったら本気出す~
  • オーバーロード
  • 幼女戦記
  • 魔法少女育成計画
  • ゼロの使い魔
  • バカとテストと召喚獣
  • フルメタルパニック
  • 新装版ロードス島戦記

 

ちょっと調べただけでも有名な作品がかなりありますね。

 

オーディブル自体は1カ月の無料体験ができますが、アマゾンプライムに加入すると3カ月無料で利用することができます。

 

無料期間を過ぎると登録していたクレジットカードから、月額1500円課金分が引き落とされますので、もし試して合わないと感じた方や、やっぱり高いと感じた方は無料体験期間中に解約しましょう。

 

オーディブルは耳で本を聴ける画期的なコンテンツで、お風呂や運動、通勤通学時に時間を無駄にせず聴けるなど、メリットが非常に多いのですがネックがやはり月額1500円の金額でしょう。

 

1500円を投じてでも耳で本を聴く価値があると判断して、自分でその分支払っても問題ないという方はオーディブルに向いていますね。

 

しかし若干金額が高めになってしまっているのは、本を読み上げる声優さんや諸々の雑務を行うスタッフさんを長時間拘束してしまうことが原因ですが、それを抜きにしても隙間時間を有効活用できるオーディブルを月額1500円で利用できるのは、かなり良心的な金額なのかなと思います。

 

Audible(オーディブル)で一冊無料で聴いてみる

 

オーディブルの解約方法はこちらの方の動画が参考になります。

名残惜しいが、audible退会[登録解除,手順,仕方] - YouTube

 

あとがき

いま読んでいるタイトルで特におすすめしたい5選を紹介してみました。

また機会があれば気になるタイトルを紹介していこうと思いますので、その際はよろしくお願いします。

ではこのへんで(^^)/~~~