イスガオンライン

ゲーマーズライフ

気になるゲームを攻略/レビューするゲームブログ

Googleのコアアップデートで順位下げられた!これからどうする?

f:id:inusanbou:20190324181936p:plain

いまさらなのですが、Googleのコアアップデートで被弾して、PVがアベレージ3000~4000ほどあり、ピークで7000くらいあったのが、いまや一日2000もいかないようになってしまいましたw

 

正直な気持ちを言うと、いままでリソースを割いてきていて、ようやくそれなりの収益に繋がってきた時にこの仕打ちは応えましたね。

 

今回はグーグルのアップデートで順位を下げられた場合、どうすればいいのか? 私なりに考えてみたので、興味がある方は読んでみてください。まあ私の今の気持ち的なところが大半です。

 

コアアプデで順位を下げられた時にどうする?

順位を下げられた原因を探る

Googleはユーザに対してより正確な情報を提供したいので、専門家や信頼のおける情報を上位表示したがります。

 

考えてみればそれもあたりまえのことで、正確で網羅されている情報はそれだけでも価値がありますし、誰もが何度でも訪れるでしょう。

 

しかし適当な内容を書いたブログが上位表示されていたら、そしてそれが信頼のおけない情報だとしたら、結果的にユーザーが訪れる回数が減ってしまい、Googleが表示する広告の宣伝にもならない。だから専門性、信頼性のある情報を上位表示するしかないんですよね。

 

私のブログはいろいろ変遷気味になってしまい、当初はゲームブログを予定していたのですが、最終的に雑記ブログになってしまいましたw

 

PVが下がるまでの理想として『電撃オンライン』みたいなところを目標にしていましたけど、それもちょっとこのグーグルの流れだと厳しいかなって。

 

それに月間のPVが1の記事がかなりあって、いままでは一部記事が上位を取れていたので高いPV水準を保てていました。しかしグーグルのAIが文章の内容を理解するまで進化しているので、内容がないようのゴミ記事はそれこそ低品質なサイトとして一生日の目を見ることはないでしょうね。

 

まあライティング技術云々もあったかもですが、それでも収益を目当てにリソースを割いてきたブログがここまで下がると喪失感が半端ないです。

 

ブログを続けるか?一から起ち上げ直すか?

ソースはありませんが、噂だと順位が落ちた記事は徐々に戻る可能性があるとのことですが、いまのGoogleの流れからするとそれも厳しいのではないかと思います。

 

多くの有名ブロガーやアフィリエイターが被害を受けているくらいなので、それこそ大して結果を残せないブロガーやアフィリエイターは今以上にコンテンツを作りこまないと一生日の目を見ることはないでしょうね。

 

で、本題の低品質、つまりは電子ゴミと無事認定されたブログを続けるか、それとも一から起ち上げ直すか…

 

続けるなら月間PVが1しか稼げていない電子ゴミを削除したり、またはリライトをしないといけません。それが嫌なら一から専門性があるブログを起ち上げ直すか。

 

効率を考えるならブログを起ち上げ直した方が良いです。愛着があるとは思いますが、投資の観点からも、利益が出るかどうかも分からなくなってしまったものを、いつまでも持っておくと逆に損をするので損切をするべきでしょう。

 

Googleはより強い専門性を求めている

長期的な目線でブログを運営するなら、これからは専門性があることに特化していかないと上位表示は難しいでしょう。

 

以上のことからブログでそれこそ上位を取りたいのなら、誰も見つけていないキーワードやジャンルに特化するか、自分が書ける知識でマネタイズにつなげられるのならそれにこしたことはないと思います。

 

大事なのはあなたが書くことに専門性があり、信頼できる内容なのかどうかということです。

 

だが何も気にせず書くのは楽しい

いままで猿真似のSEOで上位表示を使用と考えていました。少し前まではそれが可能でしたが、今回の出来事を体験してみてSEOは無理ゲーだと痛感しましたね。

 

ここから再起動できからかっこいいんですけど、あいにく私生活でもそこまで余裕がなくなってきてしまったので、このブログはしばらく休眠状態にしようと思います。

 

わざわざ書かなくてもいーんですけどね、こんなこと。

 

次回からは特化させたブログを起ち上げてみようと思います。

またほかには趣味的なブログを起ち上げて、SEO対策も特にせず何も気にせず時間が空いた時、気が向いた時に書く予定です。

 

で、最後にこのブログの失敗例を残しておこうと思います。

 

・雑記ブログにしてしまった

・読み手を想定していない記事を書いてしまった

・専門性がない記事を書いた

・ブログ名に狙うキーワードを含まなかった